• ホーム
  • トリキュラーは保険適応外なの?

トリキュラーは保険適応外なの?

薬を飲んでいる女性

トリキュラーは、避妊を効果効能とする、いわゆる低用量ピルとよばれるものにあたります。
一般的にいって、避妊用のピルのなかには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンとよばれる物質が含まれていますが、このホルモンが体内で一定の量以上保たれるようになると、体はすでに妊娠しているのと同じようなふるまいをひとりでにするようになります。
たとえば、排卵がなくなったり、子宮内膜が発達しなくなったりといった具合で、これらはいずれも妊娠をするための準備にあたるようなものです。
そのため、トリキュラーを定期的に服用することができれば、ほぼ確実に近いほどの避妊の効果が発揮できるというわけです。
このような避妊という目的は、当然ですが、病気の治療や予防といった、健康や生命に直接的にかかわるようなものとは違います。
そのため、トリキュラーを含む低用量ピルというのは、たとえ産婦人科などの病院の医師による処方を受けたとしても、通常は健康保険の適用がないため、窓口での自己負担がかなり高い金額になってしまうのです。
ただし、低用量ピルのなかには、健康保険の適用が受けられる場合も、わずかであるとはいえ、まったくないわけではありません。
これは、生理痛が重すぎて日常生活にも支障をきたしているような月経困難症、あるいは生理前になると気分の変動や体調の変化がはげしくなる月経前症候群といった、明確に医療が必要となる症状があらわれている場合に、医師の判断によって、そうした症状を緩和する目的で低用量ピルを処方した場合ということになります。
この場合であっても、保険適用ができる銘柄というのが決まっていますので、残念ながらトリキュラーはその対象外となります。
トリキュラーは通販で買うのがお得なので、少しでも安く購入したい場合は検討してみましょう。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧